バリアフリーのその先へ

オーブ・クリエーションのスタッフブログ☆
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

音読みと訓読み その2

0   0

① 中国から伝来した通りに読むのが「音読み」
   日本読みをあてはめたのが「訓読み」

② 読み方を言葉として考えた場合、それだけで意味が通じるものが「訓読み」
   意味が通じないものが「音読み」

③ 送り仮名がつかないのが「音読み」
   送り仮名がついたら「訓読み」

④ 辞典や教科書でカタカナで読みついてるのが「音読み」
   ひらがなの読みがついてるのが「訓読み」

だそうです。

あ~すっきりしました。

by Ryoman

http://www.aubecreation.com/

スポンサーサイト

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://aubecreation.blog.fc2.com/tb.php/41-f2c743e8
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。